「葡萄の國」

「葡萄の國」
網のように張りつめられた
葡萄ばたけで聴け
朝の頬白が歌っている
尾崎喜八の詩「葡萄の國」より
(H210cmxW61cm)